ヘラセル|借金減額・完済に役立つ情報サイト    

借金減額して大丈夫?デメリットや罠、診断シミュレーターのからくり

  • 『借金減額が気になるけどなんだか怪しい…国が認めたとか本当なの?』
  • 『借金減額できる仕組みを知っておきたい!』
  • 『借金減額して後悔したくないんだけど…』

とお悩みのあなたに向けて、

  • どのようなからくりで借金が減額できるのか
  • 借金減額診断やシミュレーターはなぜ良く見かけるのか
  • どんな人が借金減額して後悔したのか

を実際に弁護士事務所にいた私が解き明かしていきます。

あなたの抱える借金問題はどのような手続きが適切かどうかも明かしてきますので、まるで専門家に相談しているかのようにこの記事を読み進めて行ってください。

借金が減額できる制度とは?5つの方法を明かします

借金を減額する方法は探すとたくさん出てきますが、完済を目指すとなると選ぶべき方法は限られてきます。100万円の借金は自力で完済される方が多い一方で、300万円以上の借金を抱えていて完済しているほとんどの方は債務整理という手続きを行っています。

初めて債務整理という言葉を聞いた方でも、債務整理が自分に合っているのか合っていないのかまでわかるレベルまで解き明かしていきますので180秒程度読み進めていってください。

低金利ローンに借り換えやおまとめローンで減額

低金利ローンへの借り換えやおまとめローンで一本化するということは利息分が減額できることがメリットですが新たな借入もできてしまうというデメリットもあります。返済した分を新たに借り入れすると結果的に完済が見えないと悩まれる方が多いです。

低金利ローンに借り換える

現在借入をしている金利より低い金利のローンに借り換えをすることで、利息分の返済が減り、返済総額を減らせる可能性があります。

借入先が増えてしまった方に利用してほしいのがおまとめローン

おまとめローンとは、今存在する複数の借入先の総額を借入でき、借入を1つにまとめることです。返済額も分かりやすくなり返済しやすくなるメリットがあります。

1つにまとめることにより金利を低くできる可能性があります。しかし低金利のおまとめローンに借り換えられた場合でも、月々の返済額を少なくすると、返済期間が延びて支払総額が増えてしまう可能性があります。

過払い金請求で元本を減らす

過払い金請求はあなたが過去に払いすぎていた利息を取り戻す手続きです。払いすぎた利息分を借金の元本に充てることで借金の減額もしくは0にすることができます。もし仮に、元本を超える過払い金が発生していればその分が戻ってくるんです。

知っておいてほしいことは、過払い金請求して残債が残った場合は任意整理をおこなったとみなされ信用情報機関に事故情報が登録される(ブラックリストにのる)デメリットが存在します。ブラックになると新たなローンや借入、新たにクレジットカードが作れない期間が5年程続きます。

過払い金とはカードローンやキャッシングなどで賃金業者に払いすぎていた利息

2010年6月17日以前に借入をしていた方、完済してから10年以内の方が対象者になる可能性があります。2010年6月17日以前の方がなぜ対象かというと、改正貸金業法が完全施行されたのが2010年6月18日だからです。

改正貸金業法の内容は2つで、総量規制と上限金利の引き下げです。総量規制により、年収の3分の1が借入の上限となりました。上限金利の引き下げによりグレーゾーン金利が廃止されました。

利息制限法と以前の出資法の上限金利の間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれ消費者金融やクレジット会社は民事上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられないことを利用して利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けていた背景があります。

任意整理で将来利息分を減額

任意整理をすると利率が0%になり、元本のみを返済して3~5年で完済を目指します。例えば300万円を年利15%で借りて5年で完済すると1,282,167円が利息分ですが任意整理をすると0円。毎月の返済額は71,369円だったのが任意整理をすると50,000円になります。

あなたと貸金業者らが利息のカットを交渉するイメージです。とはいえ、右も左もわからず交渉しても貸金業者は応じてくれないので、任意整理に特化した司法書士や弁護士に依頼するのが一般的です。

将来利息とは、借金の完済予定日までに将来的に発生する予定だった利息のことです。

任意整理は裁判所を通さずに行うもので、周りの人に知られることなく手続きを進めることができます。元本部分が全く返済できていない方や、収入はあるけれど返済に追われて生活が回らない方向けです。元本を減らすことはできませんが、利息カットをすることで借金の完済予定日を決めることができます。

任意整理のデメリットはブラックリストに載る(個人信用情報に事故情報が登録される)ことです。

ブラックになると、ローンやクレジットカードの利用、車の所有などにも影響がでるためデメリットをふまえて任意整理をするかしないかの検討をしなければなりません。

弁護士や司法書士に無料相談することで、あなたが本当に任意整理すべきかどうかを知ることができます。

個人再生で借金を圧縮

個人再生とは裁判所への申し立てを通して、借金を五分の一~最大十分の一まで減額できる手続きのことです。例えば300万円の借金があると個人再生で100万円に減額できます。(減額した借金は3~5年で返済する必要がある)税金や養育費、罰金など非免責債権は個人再生の対象外です。

個人再生は民事再生法に規定があり、いわゆる法律(国)で認められた借金救済制度です。自己破産と混同される方が多いのですが個人再生は「住宅が残せる」「ローンを完済していれば自動車が残せる」といった違いがあります。

債務整理の一つであり、借金を大幅に減額できる可能性があります。ただし返済しなければならない最低限の金額が100万となっており、100万以下の借金は、個人再生が使えないのです。

自己破産で借金を0に

自己破産とは裁判所へ申立てを通して、税金や養育費など非免責債権を除いた借金を全額免除してもらう手続きのことです。例えば500万円の借金が自己破産をすることでゼロになります。

自己破産は、破産法という法律(国)で認められた借金救済制度となっており、借金の返済能力がないと裁判所に認められた場合のみ行うことができます。個人再生とは違い家や車などの財産は没収されますが自己破産後に得た収入や財産までが没収されることはありません。

債務者の経済的な再起が自己破産の目的となるので、生活の立て直しに必要な財産は手元に残しておけます。

借金を減額できる債務整理とは?デメリットや費用を明かします

債務整理とは任意整理・過払い金請求・個人再生・自己破産などのことです。選択する手続きによって減額幅など違いはありますが、債務整理をすることによってあなたの借金の負担が軽くなります。

任意整理・個人再生・自己破産の中でどの減額方法が一番あなたにあっているのか分かりやすいようにデメリットや費用などを見比べてみましょう。

まずはデメリットについて解説していきます。

任意整理のデメリット

  1. ブラックリストに載る可能性がある(クレジットカードが使えなくなる)
  2. 安定した収入が無ければ利用できない(返済計画に基づいて完済を目指すため)
  3. 一定期間口座凍結される可能性がある、保証人に請求がいく可能性がある

個人再生のデメリット

  1. 定期的・継続的な収入が必要
  2. ブラックリストや官報(国の広報誌)にのる
  3. 債務者から保証人に返済義務が移行される
  4. 手続きが複数で期間も長くかかる

自己破産のデメリット

  1. 高額な財産は没収
  2. ブラックリストや官報(国の広報誌)にのる
  3. ブラックリストや官報(国の広報誌)にのる
  4. 保証人・連帯保証人に影響がある

自己破産の手続き中のみ職業や資格に制限がかかり、引っ越しや旅行は自由に出来ません。

次に把握していただきたいのが債務整理の費用相場です。

任意整理の費用相場
5~10万円程度です。着手金と報酬金を含めて借入先1件あたり5~10万程度かかり、手続きが簡単なため債務整理の中でも比較的リーズナブルに済むことが期待できます。
個人再生の費用相場
35~80万円程度です。裁判費用の相場が17~30万円・弁護士費用が20~50万円になり合計35~80万円程度になります。裁判所を介して借金の大幅な減額などをするため裁判所に支払うお金が必要です。「任意整理」や「自己破産」に比べて手続きが複雑かつ困難な債務整理となるため弁護士への依頼費用も高額となります。
自己破産の費用相場
30~100万円程度です。裁判費用の相場が10~50万円・弁護士費用20~50万円になり合計30~100万円程度になります。自己破産の費用を大きく左右するのが、予納金です。予納金とは、自己破産の申立て人が手続きするにあたって裁判所に支払うお金のことです。

自己破産には破産者に財産がない、同時廃止事件(10~30万円程度)と管財事件(20~50万円程度)の2種類があり、管財事件に比べて同時廃止事件の費用は安い傾向にあり、15~50万円程度で自己破産することが出来る可能性があります。

任意整理を検討すべき方

元金の残額を返済していける収入はある、保証人付きの借金がある、車やローンが残っている、家族や職場にばれたくないなどの人

個人再生を検討すべき方

100万まで減額できれば返済できる、持ち家や車などの財産を残したい、ギャンブルなどの浪費による借金があるなどの人

自己破産を検討すべき方

失業や極端な減収などにより借金返済の目途が立たない、借金額が大きすぎて働くだけでは返せない、車や持ち家などの高額な財産がないなどの人

3つの債務整理のどれを選択してもブラックリストには登録されてしまいます。債務整理の事故情報は5~10年で削除されますが、その間はクレジットカードやローンなどが利用出来ません。

しかし、そのことをペナルティととらえるのではなく新たな借金をせずより良い暮らしへの一歩ととらえ生活を立て直せるようにとらえる方が多いです。

借金減額シミュレーターは罠?からくりやうざい理由を明かします

「借金減額シミュレーター」や「借金減額診断」をよく見かけるようになりました。その目的とからくりは債務整理の顧客を見つけて借入状況をヒアリングし、具体的な借入年数や取引業者に基づいてあなたがどのぐらい借金を減額できるのかを無料で伝えるサービスです。

借金減額診断やシミュレーターはあくまで目安です

借金減額シミュレーターを利用すると借金をいくら減らせるのか、借金を減らす最適な方法は何なのか、過払い金返還請求が可能かということを知ることができます。提示された減額見込額が必ずしも正しいものとは限らないので目安として考えておいてください。

借金減額シミュレーターを公開している多くは弁護士事務所や司法書士事務所です。しかし中には悪質な業者が運営していることがあります。

そのような場合、借金減額シミュレーターに手数料を請求されたり何度も電話がかかってくる場合があるので注意して運営元が弁護士事務所や司法書士事務所だとわかるサービスを利用しましょう。

診断サービス利用後に相談する気が進まなければ断りましょう

借金減額シミュレーターを利用する際、電話番号やメールアドレスの入力が必要なサイトが多くあなたが債務整理をしたほうがいいのかわかるまで弁護士や司法書士事務所から営業の電話がかかってきます。

簡易的に知りたいだけで、相談する気がない場合や営業の電話がかかってくると困るという人は利用をしないことをオススメします。営業の電話がかかってくる理由としては、サービス利用者に対して詳細な診断結果を説明するためです。

債務整理に特化した事務所の診断結果であれば専門知識がない方でもどうすれば借金問題を解決できるのかをきちんと理解することができます。しかし、人によっては怪しい・しつこいと感じる人もいるかもしれません。

借金減額診断の事務所の目的は新たな相談者と接点を持つことです

現在、債務整理を行える法律事務所や司法書士事務所は数多く存在し、相談者の取り合いになっています。まだ債務整理を行っていない人が出来るだけ自分の事務所に来てもらうために、新たな相談者と接点を持ちたいと考えているための行動でしょう。

利用者にとって気軽にできる借金減額シミュレーターは、法律事務所や司法書士事務所側にとっては利用者と一番ハードルが低い接点となるのです。

あなたにとって債務整理が適切か、債務整理をするかしないのかを知りたいのが事務所の本音です。はっきりわかるまであなたが電話にでなかったりメールの返事がない場合でも事務所は電話やメールをし続けてきます。

断りたい場合は、うやむやにせずはっきりと「利用しません。」と断ることで電話やメールは止まります。

借金減額シミュレーターを行う際のメリット

  1. 自宅にいながら24時間いつでも気軽に診断が可能なので毎日忙しい人でも手軽に利用できる
  2. 借金を減らす具体的な方法が分からずに悩んでいた人にとって借金問題の対処法が分かり電話などで具体的な対処法の相談も可能
  3. 匿名で相談できる
  4. 相談するだけでなく実際に債務整理などをしたいと考えている人に対して、弁護士や司法書士事務所を紹介してくれる

などがあります。

借金減額シミュレーターを行う際のデメリット

  1. 借金減額シミュレーターはあくまで「簡易的な診断ツール」で実際に減額できるかどうかはわからない
  2. 借金を減らす具体的な方法が分からずに悩んでいた人にとって借金問題の対処法が分かり電話などで具体的な対処法の相談も可能
  3. 弁護士や司法書士事務所からの営業電話がかかってくる
  4. 詐欺サイトに注意しなければ借金減額診断に手数料を請求されることがある

などがあります。

借金減額したその後はどうなるの?口コミ評判でわかる向いている人と向いていない人

任意整理や自己破産で借金を減額できたもののその後の生活で後悔を感じた方の口コミを集めました。共通するのは自分以外の人に迷惑を掛けてしまった事です。

お金の問題は身内や家族に影響を与えてしまうのが多いです。あなたが同じような後悔しないために借金減額した後の影響は事前に知っておいてください。

任意整理をして後悔した40代男性の口コミ

仕事関係でお金がまわらなくなり任意整理をおこないました。利息カットができ、順調に元本を返済していた時に上の子が大学に進学するという時期とかぶりました。

子どもの学費までは払ってあげることができなかったので奨学金を借りるしかないなと思い、任意整理は何か奨学金を借りるのに影響があるのかどうなのか弁護士さんに相談したところ「奨学金は借りられるけれど保証人にはなれません。」と言われました。

そのことにより、家族に任意整理をしたことがばれてしまいました。それだけでなく、保証人が立てられなかったことにより子どもが日本国際教育協会期間保証センターに保証料を払ったうえで学校にいくことになりました。任意整理をしてしまったがために、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

借金減額をする方は、これからの生活でおこりうることを想定したうえで行うことをオススメします。

自己破産をして後悔した50代男性の口コミ

ギャンブル癖がなおらずどうしようもなくなり自己破産をしました。奨学金の保証人を父親と叔父にしていたのですが、2人とも払えずに自己破産させてしまう結果になってしまいました。歳をとった父親達に本当に申し訳ないことをしてしまい後悔しています。

当時はどうしようもなく自暴自棄でしたが後になって考えたら自己破産以外の方法もあったのではないかと考えてしまいます。仕事にはなんとか就いて、気はとても楽になり生活は落ち着いて暮らせていますが、自己破産には大きなリスクがあることを分かってほしいです。

今思えば、父には「気にするな」と言ってもらったのが救いでした。

自己破産が保証人に連鎖するケースが見られるのも事実です。自己破産を考えているのであれば一度、保証人の方と相談してください。

任意整理をして後悔した40代男性の口コミ

借金が原因で離婚しました。借金が払えなくなり借金減額をしようと弁護士さんに相談したところ任意整理が一番良い方法だろうということで任意整理をしました。

その後、再婚して平穏に暮らしていたところ妻から「家を建てない?」という話がでたのですが、私が任意整理をしてしまっていたためローンを組むことが出来ず、家を建てることは叶いませんでした。

任意整理をして5~10年クレジットカードやローンが組めないのはわかっていたはずなのにやはり自分のせいではありますが不便でした。

などの口コミがありました。今あげた3名の口コミはデメリットもしっかりと理解したうえで借金減額を行ってもらいたかったためにあげたものです。もちろん借金減額をして良かったという方も沢山います。

生活を再建できる可能性を広げるため、メリットとデメリットもしっかりと理解したうえで、より良い生活を送ることが出来るよう借金問題を解決していきましょう。

数理・データサイエンス・AI教育プログラムの趣旨に賛同します。

数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力を修得した方を歓迎します。

無料相談で選ばれ続けている弁護士・司法書士事務所ランキング

司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績

杉山事務所に無料相談してみる

週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

2022年1月に杉山事務所は任意整理の費用改定がありました。基本費用5.5万円→1.1万円~。他事務所が追従するまでは業界最安値帯に。徹底的に任意整理に注力する年になりそうです!

\消費者金融が恐れる司法書士No.1/

公式サイトを
見てみる

何度でも相談無料のフリーダイヤル 0120-284-032(9:00~19:00)
最短無料メール相談 杉山事務所に相談してみる

司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料

司法書士法人みどり法務事務所に無料相談してみる

東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積120億円以上債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

\メールは365日24時間受付中!/

公式サイトを
見てみる

相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

アヴァンス法務事務所 女性のための借金問題の相談窓口

アヴァンス法務事務所で債務整理、女性のための相談窓口

全国対応年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う、頼れる事務所です。アヴァンス・レディースという女性専用窓口を用意しているのでエステや化粧品などの高額支払い、ご主人には内緒にしているなどの相談も女性スタッフが親身に対応してくれます。

\女性専用窓口にて受付中!/

公式サイトを
見てみる

相談無料の女性専用フリーダイヤル 0120-201-843
相談無料窓口 アヴァンスに相談してみる
相談無料のフリーダイヤル 0120-964-564

みつ葉グループ 安心の全国対応

任意整理のことならみつ葉グループへ

あなたの不安を、安心に。みつ葉グループは、親切・丁寧な説明で完済までサポート!安心して依頼できます。全国対応で相談無料。借金減額診断を実施しているので、その結果に基づいて気軽に相談する事ができます。

\全国対応!/

公式サイトを
見てみる

対応エリア 全国対応

借金減額診断 無料で5分診断

借金減額診断を最短5分で無料診断してみる

「毎月の返済がしんどい...」「リボ払いが全然減らない...」司法書士や弁護士に相談する前に、あなたの借金がいくら減るのか確認してみませんか?毎月の支払いが10万円→2万円にできた例も。匿名でカンタン!誰にもバレずに診断結果を受け取れます。

\いくら減らせるか知りたい/

公式サイトを
見てみる

対応エリア 全国対応
           

都道府県別!過払い金に強い事務所の口コミ・評判

page top

 

2022年も口コミで選ばれ続けている

事務所のランキングをみる ≫︎